放課後等デイサービス CoCo.com名島

放課後等デイサービスCoCo.com名島は障がいを持つまたは発達障害がある小学生から高校生までを対象に生活能力向上のための発達支援や遊びを通した運動、地域との交流の促進等を行っています。
0

第22回CoCoの会開催しました

12月14日(火)第22回CoCoの会を開催致しました。
場所は香住丘公民館です。

CoCoの会は、放課後等デイサービス「CoCo.com」、「CoCo.com名島」をご利用中の保護者やご支援してくださる方々が中心となって行っている会です。
地域の中で支援の必要なこどもたちの居場所や子育てについて一緒に考え、学習を行っています。
子どもたちが安心して楽しく暮らせる地域づくりを皆様と共に考え、取り組んでいきたいと思っております。

放課後等デイサービスの制度ができてまもなく4年になろうとしています。
放課後等デイを利用する中で感じたことや、今後の子どもたちの生活など、
今回はテーマを絞らず、お話しをいただきました。

CIMG7183.jpg 


まず始めに、今日出席できないというCoCo.com利用者の方から事前にいただいたお手紙の紹介がありました。第一回目のCoCoの会から参加されている方です。
放課後等デイ利用の感謝の言葉をいただきました。

参加された利用者の方からは、学校の先生から聞かれたお子さんの変化、学校行事に参加された時の様子や家庭での様子など、お子さんが日々成長しているとわかるエピソードをいただきました。
お子さんが放課後等デイを利用して、「楽しいと言っていました」と教えていただくと、私たち職員も励みになります。

また、来年から放課後等デイを利用希望される地域の方からも、放課後の居場所の必要性を訴えるご意見をいただきました。現在年長さんであるお子さんは、放課後にお友達と遊ぶということができないそうです。


日頃子どもたちに接している指導員からは、「どうやったらこの子がもっとできる方法があるだろう?という視点で、いつも子どもたちを見ています」「違う学年や違う学校のお友達と出会うことで、たくさんの経験ができています」「高校生がいることで、ちょっと先の姿を見ることができて、いつか自分も大きくなったらできるのかな?、なりたいな、と思えるモデルが身近にいるのが放課後等デイサービスという場所です」というお話が出ました。

放課後等デイを利用できるのは高校生までです。
居場所作りに終わりはありません。
これからも地域の方と、いろいろなお話をしていきたいと思います。


また、CoCoの会では、学習会や放課後等デイ立ち上げの話し合いだけではなく、オリジナルスマイル(B型作業所のレストラン)へランチへ行ったり、放課後等デイで子どもたちが参加した寄せ植え体験等の体験会も実施してきました。

これからの活動として、障がいのある方が働く現場(施設)への見学希望の意見が出ました。
また詳細が決まりましたらお知らせいたします。


お忙しところ、また足元の悪いなか、
出席いただきましてありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する